カマグラの価格

価格が安いカマグラを入手する方法をご紹介いたします。これを参考に、安く上手なお買い物をしましょう。

カマグラと薬剤溶出性ステントの違いについて

カマグラはインドのムンバイに拠点にしている製薬会社AjantaPharmaが製造および販売しているバイアグラのジェネリック医薬品です。バイアグラはED治療薬として広く知られていますが、その成分は特許が切れており各国の製薬会社でジェネリック医薬品が製造販売されておりカマグラもそのひとつです。
カマグラには、インド国内向けのものと、主にマレーシア市場向けの輸出用の2種類があり、有効成分はどちらもバイアグラに含まれる成分であるシルデナフィルとなっています。バイアグラと異なりカマグラの特徴としては、その種類の多さです。バイアグラでは錠剤のもので、服用時には水が必要でしたが、カマグラでは水に溶かして飲むものや、ゼリー状のもの、タブレットで口の中で溶かしたり噛んだりして飲むものなどがあり、服用のしやすさがあります。またゼリー状やタブレットではさまざまな味が楽しめるので、それまでの薬を飲むといった感覚がありません。カマグラがEDに役立つのは、ペニスに対して血流量を増やすというもので勃起力を高め持続する効果があります。反面で血流量を増やすため副作用としては血管への負担や心臓への負担が大きいという点です。また他の薬の効果が高くなるため降圧剤などとは併用禁忌薬となっています。
一方で、近年、考えられているED治療としては薬剤溶出性ステントがあります。薬剤溶出性ステントは、従来は冠動脈疾患の治療に使われているものです。これは何らかの理由で狭くなった動脈を広げるために使われています。カマグラなどのED治療薬を服用しても効果がない場合には、ペニスへ流れ込む血管が狭くなっている可能性があり、薬剤溶出性ステントを使うことで血液の流れを改善し勃起力を取り戻すことが出来ます。特にED治療薬と異なり、血管や心臓に対する負担が少なく副作用がないメリットがあります。